スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバクロの個人輸入

アバクロを個人輸入して購入してみよう。「個人輸入」というと手続きが面倒だとか、お金がかかりそうだとかちょっと敬遠してしまう言葉である。だがアバクロの場合は難しいことは全くないのだ。アバクロの公式サイトで普通にお買い物するだけで個人輸入できるのだ。
少し前まではアバクロの公式サイトも英語だけだったので購入時になって「よく分からない」と思うこともあったのだが、現在は日本の顧客をかなり意識しているのか、日本向けに丁寧なヘルプがあった。だから、本当に簡単に「個人輸入」ができてしまうのだ。
躊躇している人はオークションでアバクロを購入するという手もあるが、かなり割高になっている。サイトから購入すると表面上はかなり激安でお買い得感があるように感じる。個人輸入する際には、関税・送料など払わなければならないのでトータルでの金額で考えなければならない。ここが見落としがちな点である。
そこを考慮すると国内のほうが安い場合もある。関税は洋服の場合は最低9.5%程かかる。革製品だと最低15%はかかるので目も当てられない。これは運次第だと思ってもいい。
アバクロを個人輸入して国内で買うより得しようと思ったらトータル1~2万円位では損する。最低3万強は注文したほうがいいと思う。また、何人かでまとめて購入して関税を割るというのもいい方法かもしれない。
どちらにせよ、アバクロの個人輸入は簡単なので一度チャレンジしてみるのもいいと思う。
スポンサーサイト

«ハワイのアバクロ | トップへ戻る |  アバクロの日本進出時期»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。