FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバクロンビー&フィッチの紹介

アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)は、アメリカで人気がある、カジュアルファッションブランドで通称アバクロと呼ばれている。
アバクロは、デイビット・T・アバクロンビーが、1892年ニューヨークでアウトドア関連用品を高品質な商品として提供していたスポーツショップとして創業した。その後の1900年、顧客の1人であるエズラ・フィッチを経営に参加させ、1904年「アバクロンビー&フィッチ」という名称になった。
当初の商品は、客の85%以上が男性ということからも伺えるとおり、男性向きの無骨な商品がメインであったそうで、かのヘミングウェーがよくここで釣り道具を購入していたという逸話も残っている。
しかし、1992年ごろ会社を買収してから方針を一変させて、カジュアルだけど健康的なセクシーさもあり、体にほどよくフィットするという女性向けのスポーツ系カジュアルブランドに転進した。
アバクロの姉妹ブランドとして「Hollister」を2000年に、「Ruehl No.925」を2004年に展開させている。
セレブが愛用していることがいい宣伝になり人気を博したというのも大きいだろう。
カナダやイギリス出店を優先させたために日本出店を断念したという経緯があるため、2009年冬頃の日本出展計画に疑問視を抱いている方も多いと思う。アバクロの日本進出が現実化すると、海外に行かなくても買えるのが嬉しいというメリットの反面、レア感がなくなるというデメリット感も否めない。
スポンサーサイト

«アバクロがついに日本進出へ | トップへ戻る |  アバクロ本物と偽物»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。